作業員

被害にあったら

鳩という鳥は人間の生活圏に棲息している身近な鳥ですが、それだけ人間に近い場所に存在しているため糞害などの被害にあいやすいものです。鳩対策のグッズも多く販売されていますが、完璧な対策をするのであれば業者に依頼するのが無難です。

鳩

被害を食い止める方法

鳩がベランダなどに住みつくと衛生環境が悪化して様々な被害が出ます。鳩は鳥獣保護法によって保護されている動物なので、侵入されないように対策するのは良いですが勝手に駆除してはいけません。被害が出て困っている時は業者に相談すると良いです。

ネズミ

ねずみを駆除するには

ねずみは住宅に人間にさまざまな悪影響を及ぼすため、見つけた場合はできるだけ早くねずみ駆除を行う必要があります。ねずみ駆除を依頼する業者は、料金や希望の日時に対応してもらえるかなどのポイントを基に選ぶようにすると良いでしょう。

レディ

ネズミの駆除には業者を

ネズミ駆除は個人でやみくもに対策を行っても、十分に効果を得られないことが多く、さらには再びネズミの被害に悩まされだしたケースも多くあります。業者ならば侵入経路を調査したうえで侵入口をふさいでくれますから、業者に頼むようにしましょう。

男女

専門業者なら一発です

自宅ベランダで鳩が現れるようになったら、直ちに鳩対策の依頼を専門の業者に依頼しましょう。すぐに対応しないと居座る可能性があります。また、業者でもきちんとアフターフォローしてくれるところへ依頼しておくと安心です。

自分でできるネズミ対策

男の人

駆除グッズと上手なコツ

天井裏やキッチンなど家の中に出没するネズミに困っていませんか。ネズミは体が小さいのでほんの少しの隙間があればすぐに侵入してきます。見かけたのは1匹だけだし、すぐに出ていくだろうなんて安心してはいけません。エサがあって天敵がいないと分かれば、仲間を引き連れて侵入してきます。そして、私達が見えない場所で巣を作っているケースもありますので、徹底したネズミ駆除が重要なのです。自分でネズミ駆除しようと思う方は、ホームセンターやドラッグストアなどで販売されているネズミ駆除商品を使ってみましょう。ネズミ駆除といえば、箱形のバネ式ワナをイメージする方もいるでしょう。しかし、近年のネズミは用心深くなっており、箱の中のエサでおびき寄せようとしても失敗する場合があります。ですから、粘着シートや毒エサ、超音波グッズなどで試してみましょう。粘着シートをキッチンや洗面所周辺におく場合は、防水タイプのものがオススメです。ネズミは壁伝いに走る習性があるので、粘着シートを壁に沿って並べます。糞や齧りかけの食べ物が落ちていた場所にも、粘着シート設置しておきましょう。ネズミの通り道には、ラットサインと呼ばれる黒い汚れがついていることもあります。これらをポイントにしてズラリと並べておけば、ネズミが引っかかってきます。毒エサの場合も、粘着シートと同じように、壁際やラットサインがある場所、冷蔵庫の裏などに配置しておきます。超音波グッズは、コンセントに繋ぐだけの簡単な仕組みのものが多く、軽量なので女性や高齢者でも持ち運びできます。