被害を食い止める方法

鳩

予防と駆除

鳩は直接人を襲うような攻撃性の高い動物ではありませんが、住宅のベランダや庭に住みついてしまう事があります。人に直接危害を加えないものの庭やベランダを住処にされてしまうと衛生環境が悪化してしまいます。鳩は一度気に入って住みついてしまうと縄張りに対する執着心が強いので、簡単に諦めて他の場所に移りません。鳩の被害を受けない為には敷地内に予防策を施しておく事が大切です。鳩の侵入を予防する対策として天敵の猫のダミーや光る物をベランダに設置する事で侵入を防止できます。しかし学習能力があるので、最初の頃は危険を感じて入ってこなくなっても次第に危険がない事を覚えて気にせずに入ってくるようになります。その為ダミーを設置する予防策ではある程度の期間で設置する物を変えないといけません。忌避剤を使った対策も有効で、市販でも売られているのでベランダなどに散布して使用する事ができます。忌避材を使用しても効果がなかったり、効果がなくなってきたという場合は業者に依頼するべきです。鳩を駆除する時に注意しないといけないのは鳥獣保護法という法律に守られた動物であるので、勝手に駆除をしてはいけないという事です。専門業者に相談する事で素人ではできない予防策を施してくれたり、どうしても対策をしても侵入される時は業者が許可を取って駆除します。その為個人では対策をするのは良いですが、鳩を捕獲するなどの駆除を勝手に行ってはいけません。